ほうれん草(ホウレンソウ)の保存方法

ほうれん草の保存方法としては、水で濡らした新聞紙で包んでポリ袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室で立てて保存!

ほうれん草(ホウレンソウ)の保存方法のポイントその他

ほうれん草は、葉の表面から水分が蒸発していき鮮度が落ちていきますので、乾燥させないように保存しておくことが必要です。

ほうれん草の家庭での保存方法としては、水で濡らした新聞紙で包んでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で立てて保存すると、だいたい2、3日程度は鮮度が保てます。

または、乾燥しないように霧吹きなどで水を吹きかけてから、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存しておいても良いそうです。

冷蔵庫の中では横に寝かした状態ではなく、傷みにくくするために「立てて」保存しておくのがポイントです。

ほうれん草を冷凍保存する場合には、固めにサッと茹でてから、水気を絞って小分けにして、ラップに包んでから冷凍用の保存袋やタッパーなどの容器に入れて冷凍保存しておくと、調理の際に便利です。

ほうれん草(ホウレンソウ)

ほうれん草は緑黄食野菜の代表格で栄養成分がバランスよく含まれている

ほうれん草は緑黄食野菜の代表格であり、良質の食物繊維をはじめ、体内でビタミンAに変化する「βカロチン」・ビタミンB群・ビタミンC・鉄分・カルシウム・カリウムなどといった、

ビタミン・ミネラルの栄養成分がバランスよく含まれています。

ちなみに、ほうれん草は冬が旬の野菜で、冬に収穫されたほうれん草はビタミンCの含有量が、夏に収穫されたものの約3倍にもなるそうです。

また、ほうれん草には「クロロフィル」と呼ばれる葉緑素が多く含まれおり、クロロフィルは大腸と小腸を綺麗にしてくれる作用があり、体内の有毒な物質を排出するというデトックス効果があるといわれてています。

ただし、ほうれん草にはアクの成分である「シュウ酸」が多く含まれているので、尿路結石の原因にもなるといわれ、風味的にもえぐ味を解消するため「アク抜き」が必要になってきます。

健康生活

活性酸素が増加する原因
身体の老化を促進したり、生活習慣病を始めとする色んな病気を誘発するといわれており、何かと悪者扱い的な存在で取り上げられることが多い「活性酸素」ですが、
活性酸素はもともと、私たちの体内に入ってきたた細菌やウイルスを殺菌・消毒してくれるという大切な働きをしてくれるのですが、必要以上に増えだしてしまうと、身体の正常な細胞や血管などまでも攻撃し傷つけてしまうのです。
活性酸素が増加する原因としては、大気汚染・紫外線・食品添加物・残留農薬・ストレス・タバコの喫煙・アルコールの飲酒・激しい運動やスポーツ・電磁波・放射線などの要因が挙げられます。


野菜の保存方法と栄養成分その他の情報