小松菜の保存方法

小松菜の保存方法としては、水で濡らした新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てて保存!

小松菜の保存方法のポイントその他

小松菜は、ほうれん草と同じで温度変化や乾燥に弱く、水分が蒸発していくとだんだん鮮度が落ちていきますので、乾燥させないように保存しておくことが必要です。

小松菜の家庭での保存方法としては、水で濡らした新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てて保存すると鮮度が保てます。

小松菜やほうれん草というのは「立ち野菜」といわれ、立って生えている野菜なので、横に寝かした状態で保存しておくと鮮度が落ちやすくなってしまうので、冷蔵庫の中でも「立てて」保存しておくのが良いらしいです。

小松菜を冷凍保存する場合には、

ほうれん草の場合と同様に、固めにサッと茹でてから、水気を絞って小分けにして、ラップに包んでから冷凍用の保存袋やタッパーなどの容器に入れて冷凍保存しておくと、調理の際に便利です。

小松菜

小松菜は、ほうれん草と同じく栄養成分豊富な緑黄食野菜の代表格

小松菜は、ほうれん草と同じく栄養豊富な緑黄食野菜の代表格であり、食物繊維をはじめ、体内でビタミンAになる「βカロチン」・ビタミンB群・ビタミンC・鉄分・カルシウム・カリウムなど、ビタミン・ミネラルの栄養成分がバランスよく含まれています。

小松菜の栄養素のなかでも特に、カルシウムはほうれん草のおよそ4〜5倍も含まれているとのことで、

カルシウム不足を補い骨や歯の健康を向上するためにも成長期の子供や、老化にともなう骨粗鬆症の予防として年輩の方にもお勧めできる健康食品です。

その他にも、小松菜はビタミンCや食物繊維も多く含んでいるので、便秘の改善や美肌などの美容に効果的な働きをする面から、女性にとっては積極的に食べていただきたい野菜です。

また、小松菜はアクが少ないほうなので、下茹でなしでも料理に使えます。

健康生活

ファイトケミカルス
一般的にビタミン、ミネラルなどの栄養素は、 それぞれ単独では機能せず、他の栄養素の助けを借りることができてこそ機能し始めるとされており、こういう働きを相互作用といいます。
天然成分には、合成成分には無い微量栄養素も一緒に含まれているのですが、このような植物に含まれる栄養価をもった微量栄養素のことを、
「植物化学栄養素(ファイトケミカルス)」といいます。
ビタミン、ミネラルなどの栄養素は、この微量栄養素(ファイトケミカルス)の相乗効果により体内で、より吸収率を高めてくれるのです。


野菜の保存方法と栄養成分その他の情報