水菜・京菜(ミズナ・キョウナ)の保存方法

水菜の保存方法としては、水で湿らせた新聞紙に包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で「立てて」保存!

水菜・京菜(ミズナ・キョウナ)の保存方法のポイントその他

水菜(ミズナ)は、ほうれん草や小松菜などと同じで、水分が蒸発して乾燥してしまうと、鮮度がみるみる落ちていきますので、適度な水分を保てるように保存しておくことが必要で、基本的に早めに使い切るのが良いです。

水菜の家庭での保存方法としては、たっぷりの水に一度つけてからか、水で湿らせた新聞紙に包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で「立てて」保存すると鮮度が保てます。

水菜は上に向かって育っていく「立ち野菜」なので、横に寝かした状態で保存しておくと鮮度の落ちが早まり、冷蔵庫の野菜室の中でも「立てた状態」で保存しておく方が良いです。

水菜を冷凍保存する場合には、

サッと軽く茹でてから、水気を絞って小分けにして、ラップに包んでから冷凍用の保存袋やタッパーなどの容器に入れて冷凍保存しておくと、調理の際に便利です。

水菜・京菜(ミズナ・キョウナ)

水菜はビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養成分が豊富にバランスよく含まれる

水菜(ミズナ)には栄養成分として、食物繊維をはじめ、体内でビタミンAになる「βカロチン」・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・鉄分・カルシウム・リン・カリウム・亜鉛など、ビタミン・ミネラルが豊富にバランスよく含まれています。

淡白な味わいをいかしてサラダとして食べることも多いですが、水菜には肉の臭みを消す働きもあることから、鯨の肉と一緒に調理する「はりはり鍋」なども有名で、冬の鍋料理には定番的によく使われる食材です。

水菜を美味しく食べるポイントとして、水菜のシャキシャキとした特有の食感をいかすためには、調理の際には加熱しすぎないよう注意しましょう。

水菜を選ぶ時の見分け方としては、「葉の部分の緑が濃い色で、茎の部分は細くて真っ白なもの」が新鮮で風味も良いそうです。

ちなみに、水菜は京都の名産ということで、別名「京菜(キョウナ)」とも呼ばれています。

健康生活

隠れ糖尿病
糖尿病といいますと日本では、糖尿病予備軍も含めて多くの人が患っている病気ですが、通常の健康診断では見抜くことができないと言われている新しいタイプの糖尿病である「隠れ糖尿病」というのが話題になっているそうです。
隠れ糖尿病の特徴は、空腹時の血糖値は正常なのに、食後に特殊な検査をすると血糖値が糖尿病患者なみの数値まで跳ね上がるとのことです。
日本人の場合、空腹時の血糖値が正常な人のおよそ3割がこの体質を持つという研究まであるらしく、空腹時の血糖値だけではなく、食後の血糖値の急上昇にも注意が必要だと言われ始めています。


野菜の保存方法と栄養成分その他の情報