レタスの保存方法

レタスの保存方法としては、水で湿らせたキッチンペーパーなどを芯の部分に当て、ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存!

レタスの保存方法のポイントその他

レタスは、乾燥に弱く鮮度が落ちやすい野菜で、日数が経つと見る見るうちに鮮度が失われていき、風味も悪くなってしまいます。

鮮度が落ちると味に苦味が出てきだすので、買ってきたら長く保存しておこうとは考えずに、早めに使い切るようにしましょう。

レタスの家庭での保存方法としては、水で湿らせたキッチンペーパー・ペーパータオルなどを、レタスの芯の部分に当てがい、ポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存すると良いです。

また、一回の食事で使い切れずに残る場合は、レタスの外側にある「外葉」をはがしたら捨てずに残しておき、その外葉で使い切れずに残ったレタスを包んでから、先に述べたように保存しておくと鮮度がより保てます。

レタスを保存する場合には乾燥を防ぎ、水分が蒸発してしまわないようにするのがポイントです。

レタス

リーフレタス・サニーレタス・サラダ菜などは緑黄色野菜でカロチンの含有量も豊富

レタスを選ぶ時の見分け方としては、「芯の切り口が小さめで白く、葉がみずみずしく、つやとはりのあるもの」が新鮮で、「持ったとき、ドッシリとした感じで、ある程度重いもの」が良いそうです。

一般的なレタスとして普段よく食べているものは「玉レタス」と呼ばれる淡色野菜で、ほとんどが水分ということもあり、決して栄養価が高いほうではないのですが、

レタスの栄養成分としては、食物繊維をはじめ、体内でビタミンAに変化する「βカロチン」・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・カリウム・鉄分など、ビタミン・ミネラルを少量ながらもバランスよく含んでいます。

玉レタス以外にも、レタスにはさまざま品種があり、

リーフレタス・サニーレタス・サラダ菜・サンチュなどもレタスの仲間ですが、これらの種類は緑黄色野菜でありカロチンの含有量も豊富です。

健康生活

男性型脱毛症(AGA)
AGA(エージーエー)とは「男性型脱毛症」のことを指しており、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
AGAの人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。
最近では食生活の乱れなどをはじめ、若い年代から薄毛に悩まされる男性も増えているようです。
現在、AGA治療薬として、ひじょうに効果が高いとされるプロペシア(フィナステリド錠)が承認され、医師の指導・処方せんにより病院で処方してもらえるようになっていまが、健康保険の給付対象にはなりません。


野菜の保存方法と栄養成分その他の情報